WONDERING AGAIN Ⅱ

尋ね人(Dear 大石加那美)

d0347303_21180458.jpg

個人名を出し、大変恐縮ですが…

※暫くTopに置かせて頂きます(通常更新記事はこの下から m(__)m)





このblogのリンク欄に有ります(復活させた)ラピスラズリ…というサイト。

実は管理人が初めてこのエキサイトブログを始めた際、最初に相互リンクを頂き、知り合いとなった舞台女優さんなんです。

彼女は東京に来て芝居の勉強を始め、どうなるかは分からない先の見えないものに青春をかけ、ただひたむきに芝居に打ち込む姿に引かれ、実際に出演する舞台を観に行ったり、彼女の繋がりから他の出演者とも交流を持てたり、自分自身も考えることがあって悩んだり大変だった時期でもあったので、彼女のひたむきな姿や舞台を観ることで癒されたり励まされたり…

つい最近も、先月に彼女が元所属していた劇団の芝居を六本木俳優座に観に行きながら、『あぁ、ここに彼女が出演していたらどんな舞台となったのかなぁ…』なんて想いながら観たり。。。

そんな彼女が訳あって劇団を退団し、出身地である福島県に戻られたのを暫し時間を置いてから聞き、どうしているんだろう?と心配に。

その直後に東北の震災があり、連絡先が変わってしまい、無事なのかさえ分からなかったのですが…

去年のいつだったか、地元の情報紙のネット版に彼女が地元にて芝居等の活動をして、地元の為に活躍する姿を見た時には、ビックリすると共に無事で居てくれた事、芝居や体を使った表現者としての活動を大変な中でも続けていてくれた事に…涙が。。。

もう早いもので離れてから10年近く経つのですが、もしも何かの切っ掛けでこのblogを覗いてくれたなら、連絡を頂けたらなと願っています!

コメント欄に一言『元気だよ♪』でも良いし、非公開という選択欄があるので、それをポチッとクリックし、コメントを書いてくれたら僕にしか見えないので…

震災以降、無事なのは先の情報から分かったけど、何かでコンタクト出来ればなぁと願っています。

とにかく、大変だろうけど体には気をつけて (*^_^*)
元同期、ちっちゃい足同盟の副会長だったあひるちゃんにも、最近はもう有名になり気安く声を掛けるのも申し訳ない存在になり、嬉しい反面、ちょい寂しさも感じるけど(笑)、皆が活躍して自分のやりたいことをやれる範囲で頑張っているのは、凄く嬉しい気持ちで一杯です。

もう少し、かなみちゃんの活動の様子が分かると良いんだけどねぇ。。。

皆さんも、もしもどこかで彼女の名前を見掛ける事が有りましたら、是非とも応援を宜しくお願い致します。


と、一般人ではなく、役者として活動をしていますので、敢えてフルネームにて書かせて頂きました。
(呼び掛けの意味も有りますので m(__)m)


管理人 カメラマンのNより




[PR]
# by aLIVE_PHOTO | 2017-12-31 23:59 | 管理人よりお知らせ | Comments(0)

お天道様(追記有)

d0347303_09200209.jpg

星は何でも知っている…




昔、そんな歌が流行ったけど、子供の頃は悪いことをしたらお天道様が見てるんだからね!と、親や回りの大人達が口を尖らせながら良く言っていたもの。

我々が生きていくために必要な恵みをもたらせてくれる太陽も、そんな身勝手な責任を押し付けられても…迷惑な話だとは思いますよねぇ(苦笑)。

でも、この日本的な、いや、東洋的な『心に鍵をかける』考え方が世界中に広まれば、戦争など起こらないはず。

まぁ、手癖の悪い輩が多いのも、この地域だったりするから一概には言えないんだけど(爆)。

貧困と宗教、この二つの大きな価値観の違いがなくならない限り、争い事は決して無くならないし、解決する方法は有るんだろうか!?

漫才のネタで『地下鉄はどっから入れるんでしょうかねぇ!?』なんて流行っていたけど、そんな程度の悩みで笑える…幸せが、猫が安心してお昼寝を満喫出来る幸せが、願う自分が少数派と世界ではなってしまうのが寂しい。

価値観の違いがあるのが人種の価値観の良さなんだけど、それと戦争をしなければならない現実が未だに理解が出来ない。

大人になりきれないのかなぁ。。。


そんな事を、ニャン達の幸せそうな寝顔を見ながらふと想う、お盆のお天道様の下。




※20日(日曜)まで遅いお盆休みに入りますので、宜しくお願い致します m(__)m






[PR]
# by aLIVE_PHOTO | 2017-08-13 08:57 | 写真日記 | Comments(2)

霊魂(レクイエム)

d0347303_11324781.jpg

連日の梅雨空に、ニャン達も不満げに…



草むらがどこもかしこも湿ってて、寝転ぶ場所もない公園にて。。。


あれからもう32年、自分が今の仕事の基礎となる個人事務所を立ち上げたのがこの年の春だっただけに、あの夏の事故は未だ鮮明に記憶にこびりついている。

前代未聞の事故を聞いても、何一つ助けも出来ない自分の存在の小ささと、役に立てない苛立ちが、後のボランティアへの切っ掛けと小さな援助ではあっても、それが誰かの助けになればと…

事故の関係者への想いが有れば、自分自身も道を踏み外す事は無しと、気持ちを新たに!






[PR]
# by aLIVE_PHOTO | 2017-08-12 11:20 | 写真日記 | Comments(0)